ニキビ改善のカギはホルモンバランス

花

ホルモンバランスがニキビに影響を与えているというのはよく耳にしますが、どのような関係があるのでしょうか。ホルモンは肌の水分量や、外部からの刺激をバリアしてくれる成分の生成に役立つ女性ホルモンと、皮脂の分泌を活性化する男性ホルモンがあります。この2つが良い状態で保たれていると、健康的な肌になります。

しかしホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰または足りなくなったり、細胞内で保水する働きを持つ成分が不足して、肌のバリア機能が低下するといった状態になり、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。
特にニキビがたくさんできてしまうのは、男性ホルモンが多い状態なのです。男性ホルモンであるアンドロゲンは、皮脂分泌を促進するのと同時に、角化細胞を増やして毛穴をふさいでしまう恐れがあります。

男性ホルモンが影響するニキビは主にあごからもみあげの髭の生えるあたりと、鼻の下や口周りになります。ホルモンバランスが崩れる原因には、睡眠不足やストレスがあげられます。交感神経の働きが活性化すると、男性ホルモンの分泌を促す働きをするため、バランスが崩れてさまざまなトラブルが起きるのです。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識