病院でのニキビの治療法の比較:レーザー治療と薬の効果持続

にきびを気にする女性

学生の頃はよく悩まされた経験があるでしょうが、何の音沙汰もなく顔面に多数発生していますニキビは、その処理が大変です。 自分で潰してしまうと跡が汚くなってしまいますので、放っておくしかないのですが、現在では様々な治療法が見つかっており、効果的な対策が進められています。

皮膚科のある病院では主に2種類の治療を行うのですが、ニキビは基本的には薬では治りません。 というのも、ニキビの発生原因となっている顔面の皮脂はかなり多く、薬を塗ったくらいでは全く意味がないと言っても過言ではないでしょう。 ですから、もう1つのレーザー治療を積極的に活用していく必要があるのです。

レーザー治療は薬での治療と比較して高額になりがちですが、それでも効果は半永久的に持続するので、結果的には費用の面でもお得です。 レーザー治療のメカニズムとしては、ニキビの原因となるアクネ桿菌が反応する波長のレーザーを照射することで、アクネ桿菌は周囲の酸素を活性酸素に変えてしまうのです。 その活性酸素が最終的にはアクネ桿菌を破壊する役割を果たしてくれるので、傷なくニキビ治療ができるということになります。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識