ニキビのレーザー治療と病院の薬の比較:依存性

ニキビを治療するときには、通常は軟膏などの薬を処方して治療を行います。

しかし、実は美容皮膚科などのクリニックでもニキビ治療を行っています。
こちらはレーザー治療が主流になっており、レーザーでニキビの原因であるアクネ菌やバクテリアなどを死滅させたり、赤みや炎症などを改善したり、皮脂の分泌を抑えたり、角栓や膿などを溶かし出すといった治療を行っています。

レーザー治療と一般的な病院で行われている治療を比較すると、薬の場合には依存性があるものもありますので、治療が思い通りに進まないことがあります。
一方、レーザー治療では目的の対象以外にはほとんど全く影響を与えませんので、安全性も高いですし、継続して施術を受けることでニキビができにくい肌質に変えていくことも可能です。

特に頻繁にニキビができるという人や、皮膚科の薬がなかなか効かないというような人は、一度クリニックでのレーザー治療も検討してみてはいかがでしょうか。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識