ニキビ治療外用薬の軟膏と生活習慣の立て直し

生活習慣の立て直し

ニキビ治療を美容皮膚科で行う場合、外用薬として軟膏を処方されることがあります。
皮脂が毛穴をふさぐ際に取り込んでしまった菌を、これ以上周囲の皮膚に蔓延させないように食い止めるためにも、抗菌剤は必要になります。もちろん抗菌剤だけでニキビが平らになって跡形もなくなるわけではありません。
薬をうまく活用しながら清潔さを維持して、生活習慣を見直していく必要があります。
すなわち、外用薬はこれ以上ニキビを悪化させないように維持してくれているに他ならないので、その間に自力で皮膚表面の代謝を良好に整え、余計なものをこしらえないような体を築きあげることが大切になります。
とかく薬さえ塗っておけば、そのうちニキビも消えていくものととらえがちですが、あくまで体の中の機能を正常に戻すのは自分にかかっていることを忘れてはなりません。
ニキビ治療は、美容皮膚科の助けを借りながら、これまでの睡眠、運動、食生活などのあらゆる面を改善する絶好のきっかけとなります。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識