化膿ニキビを放置するのは危険

初期のニキビは肌表面の表皮にできますので、何もしなくてもいつの間にか良くなっていることがあります。 しかし、化膿ニキビは真皮層までダメージが到達していますので、放置すると悪化してしまい危険です。 黄色い膿が溜まっているのが見えると気になりますが、爪で潰してしまうと跡に残ってしまう可能性が大きいので絶対に行ってはいけません。

化膿ニキビができてしまったら、肌に刺激を与えないように細心の注意を払います。 刺激を与えると傷となって残り、ニキビが治った後も跡に悩まされることになります。 菌の繁殖を防ぐために、洗顔で毛穴の奥深くの汚れまで落とすようにし、保湿を徹底します。 水分と油分のバランスが良いとターンオーバーが活性化されますので、傷ついた細胞がはがれ落ちるのも早まります。

正しいスキンケアと生活習慣の見直しで良くなるケースも多いのですが、症状が長引いていたり悪化している場合には自己判断でケアを行わず、美容皮膚科科などの専門医にかかることも大切です。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識