効果的にニキビを治す方法、皮膚科でライト照射

女

皮膚科などでニキビを治す方法として、ブルーライト照射があります。ブルーライトにはニキビの発症に深く関わるアクネ菌を殺菌する作用があります。皮脂が詰まりアクネ菌が増殖すると、吹き出物の炎症などが起こる以外にも、アクネ菌が発生するポルフィリンが活性酸素を生みだすため、周りの細胞がダメージを受けて、肌のターンオーバーが抑制されることがあります。

ブルーライトは紫外線などの有害な光とは異なり、照射してもシミやしわにはならず、反対にコラーゲンの生成や肌の代謝を活性化する働きがあります。ブルーライトを照射すると、光はアクネ菌が産出しているポルフィリンに反応するため、光が菌内に取り込まれて、周りの細胞にはダメージを与えずに、アクネ菌のみを殺菌することが可能になります。

さらにニキビの原因となる過剰な皮脂分泌を抑制して、毛穴を小さくするといった効果も期待できます。
皮膚科で定期的にブルーライト照射を行うことで、ニキビのできにくい肌になり、肌に刺激も与えないので安全に治療が行えて、敏感肌の方でも安心して施術を行うことができます。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識