絶縁針を利用した ニキビ治療方法とは

にきび治療

幅広い年代の間で、ニキビは日常的な肌トラブルとして知られています。
特に、二十代半ば以降に顎や額などのフェイスラインを中心にできる「大人ニキビ」は、治りが悪く多くの人を悩ませています。
ところが、この大人ニキビを根本的に抑えることができる治療方法があったのです。
それはどのようなものなのでしょうか。
皮膚科で受けられるニキビ治療の中に、絶縁針を利用した治療方法があります。
絶縁針とは、脱毛の際に毛根部を破壊するために用いられる針のことを言いますが、ニキビ治療においては、れを患部(ニキビ部分)に対して利用し、皮脂腺を凝固させる形で用いられます。
皮脂腺はニキビの原因となる皮脂を分泌する箇所ですから、そこを凝固させることで、半永久的にニキビが発生することを抑えられるのです。
この治療方法は、合計3〜6回程度かかること・保険適用外であることがネックではありますが、その後ニキビで悩まされることがなくなるという点で、非常に効果的だと言えます。
また、冷却したり麻酔クリームを利用することで痛みを抑えられるので、その点についての心配は必要ありません。
皮膚科で受けられるニキビ治療の一つの選択として、絶縁針を利用した方法を知っておくと、自分にあった選択ができるでしょう。


湘南美容外科クリニック

おすすめ度 ★★★★★

  • 肌ダメージ最小限の肌質改善
  • 最新機器とニキビ専門スタッフ
  • 女性スタッフ

シロノクリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック

おすすめ度 ★★★★☆

  • ニキビ跡にも適切なケア
  • ベストな治療メニューを提案
  • ニキビ学割プラン登場

大阪のニキビ治療クリニック

ニキビの情報・知識